トップページ > 北海道らーめんをやりたい仲間募集

北海道らーめん 熊源 ライセンス概要

私は、12年前に起業し、現在、直営店12店舗 年商9億以上 正社員50名の会社の社長をやっております。 会社名 (株)GRAST と言います。 仕事の話をする前に、私が今の北海道らーめんをやるまでの経緯をお話しします。 簡単に説明致しますので、少々、お付き合い下さい。 私は、小さい頃から、兄の影響で、野球をやっておりました。 夢はプロ野球選手。それからというもの、毎日、練習しました。 中学に入っても、その熱は冷めず、高校では名門の帝京高校に入りました。 しかし、野球が下手くそだった為、野球のセンスではなく、何とか勉強して入りました。 入ってからも、センスがない分、とにかく周りの人間より「練習を多く、コツコツ」やりました。 センスはないけど、「やる気、コツコツ」は自分自身やり切ったと思います。 甲子園こそ行けなかったですが、エースで4番にはなれました(帝京の長い歴史で一番弱い代の為、 ラッキーでした(笑) その後は、野球のセンスが無い事に痛感し、キッパリ辞めました。 目標が何もない状態になったので、今度は「お金」を稼ぐ事に「コツコツ」やろうと決めました。 18歳で、アルバイトでらーめんと出会い、がむしゃらに働きました。 やっていくうちに、本気になり、31歳で、らーめんで起業しました。 一番最初に教えてもらったらーめんが「北海道らーめん」でしたので、愛着があります。 当時、教えてもらった店主からは、意味が分からない?事を言われました。 「昔からある物は、現在もあって、未来も続く」と。うーん、ハイ!と返事はしたのですが、意味が分からない...。 でも、「コツコツ」「バカ真面目」な所が自分の良さなので、言われた通り、「北海道らーめん」で 店舗を出していきました。やっていくうちに、意味が分かってきました。 「お客さんがいつの時代でも、求められているらーめんなんだ」と。売上高の継続で証明されました。 ビックリです。ですので、今現在もブレずに「コツコツ」取り組めています。 
話にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。 ここからは、大変、生意気ではありますが、北海道らーめんの「強み」を皆さんにお伝えしたいと思います。 

① 加盟金0円 初期費用90万円~

1、考え方は、出来るだけ初期費用は0円に近いほど良い
直営店を出店する時に、今でも考えている事です。 現実は無理なのですが、自分が作りたい店ではなく、お客さんが来る店。 ですので、出来るだけ費用をかけずに、いかにお客さんに「この店美味しそうだね」と 言ってもらえるか?だけを考えています。 仮に、一般論ではありますが、2000万の初期費用をかけたとします。 店舗の月々利益70万出しても、回収までに、約2年3か月もかかります。 この期間、実質利益0円です。やっと回収終わって、その後、少しでも売上が下がった時にはゾッとします。 また、他社が低投資でやれない理由は、オペレーションやメニュー構成がカチカチに決まっていて それをやる為の、厨房設備を作らないといけないからです。 当社は違い、その店舗、立地、客層に合わせたメニューを考えます。 ですので、今ある厨房設備を基本として、出来るだけ追加投資しないで出来ないか?を まず、第一に考えていきます。 
2、費用詳細について
・ライセンス加盟金はいただきません 0円です
・工事費→外観は、最低限で看板交換のみが最安値で約50万で出来ます。
・工事費→内装は、クロスの張替え約20万、イスのシートだけの張替え約10万で出来ます。
・厨房機器→既存の物で十分です。0円。
・メニュー設定→北海道らーめんのメニューに変更 約3万円。
・ユニホーム→Tシャツが最低限作成で十分 約3万円。
 ・暖簾→北海道らーめんの暖簾 約2万円。
・保健所申請代→印紙代のみで、約2万円。 

② 人気店、トレンド店を作ろうと思っていません。流行は変化します

1、目玉商品は必要ない。 
よく、こんな目玉商品で、絶対自信あって、人気店、トレンド店になります。 なんて、おススメしてる企業がほとんどだと思います。 でも、それで、皆、上手くいったら苦労しないはずです。 ですので当社は、あえて人気店、トレンド店を目指した店舗作りをしません。 一番大事なのは「失敗しないポイントを多く持った店舗作り」です。 

2、失敗しないポイントとは?
1北海道らーめんという看板 
現在、40歳~70歳くらいの方が、まだ若い頃に「札幌味噌らーめん」の店舗が たくさん店舗展開していた頃ですので、懐かしさ、親しみやすさがあります
2看板商品は、一応。。「味噌らーめん」 
日本人の50%は味噌らーめんが好きと言われるくらい無難な商品 みそ汁から馴染みがあるのと、野菜が入っている為、味もブレにくい
3今、流行のコンセプトをやらない店舗作り 
入れ替わりの激しいらーめん業界ですので、最初から流行を考えずに コンセプトである、「北海道らーめん」にする。流行は横行し変化します 地味ではありますが、売上が安定する確率が上がります。
4手作り感をアピールする 
大手、うどん屋でも、業績がV字回復した様に、美味しそうと お客さんに思ってもらえます。母親の手作りの味には勝てない所からもきていると。
5らーめんに入れる調味料をたくさん配置する事。 
全て、無料で、お客さんが使ってもOKです。好みは皆さん違いますので、 当社のらーめんの味で90%まで仕上げ、最後の10%は調味料を入れて仕上げてもらう事で 100%自分流の味にしてもらい、全くダメな味にしない、ならない工夫をしています。 

③ 2店舗構想を狙う(狙って頂きたいです) 

1、2店舗構想とは、1店舗で自分が現場に入りっきりで、収入を月に70万取ったとします。 
しかし、同時に時間も制限されてしまいます。 ですので、あえて、2店舗を「管理」してもらい、現場にほぼ入らず、 
それぞれ現場の店長を雇い、月に40万づつ×2店舗=80万をもらう構想です。 
なかなか難しいと考える方もいると思いますが、1店舗に入りっきりで 
人生の時間を取られてしまうのであれば、「収入と時間」を両方取るという「挑戦」を してみてはいかがでしょうか?楽しくなると私は思っております。 

④ ライセンス契約とフランチャイズ契約の違いとは?

1、簡単に分けますと、「オーナー様が商売していくなかでの、自由度の違い」です。 
フランチャイズは、本部のサポートなどありますが、やはり研修費、サポート料などの費用が かかってきます。しかし、ライセンスは、それらがありません。 ですので、無駄な費用を出さなくて済みます。 今、現在ラーメン店を営業されている、オーナー様であれば、全く違う事をやるわけではないので 初期費用含め、徹底して無駄を省くべきと思っております。 

⑤ 紹介して頂ければ、紹介料20万キャッシュバックします。

1、当社のライセンス契約を知り合いの方にして頂いて、6か月間継続した後に、 
ご紹介料として、20万円キャッシュバックさせて頂きます。 
2、人と人との繋がりで成り立つ、ライセンス契約ですので、 
広告宣伝費を使わない分、経費の一部をお戻ししたい思いです。

⑥ 収支表は、最低売上を真剣に考え、それでもどうにかなるなら、やるべきと考えております。 

1、当社の直営店もそうですが、一番難しいのが「売上予測」です。他社もこれが、 オープンする前に分かっていれば、皆さん成功されていると考えています。 ですので当社は、「最低売上はいくらか?」を考えてから決断すべきと思っております。 その考えからも「初期費用を限りなく少なく安全圏からスタートできないか?」 と、試行錯誤し、ご相談に乗らせて頂きたいと思っております。 

直営店舗

 ※最後に、大変生意気ではありますが「行動すれば、良くも悪くも結果が出ます」
良くなるように、サポートしたいと考えております。
(株)GRAST 和田賢次 080-9178-5800
メール grast0825@yahoo.co.jp