はじめに

私は、12年前に起業し、現在、直営店12店舗 年商9億以上 正社員50名の会社の社長をやっております。 会社名 (株)GRAST と言います。 

仕事の話をする前に、私が今の北海道らーめんをやるまでの経緯をお話しします。 簡単に説明致しますので、少々お付き合い下さい。 

私は、小さい頃から兄の影響で野球をやっておりました。 夢はプロ野球選手。それからというもの、毎日練習しました。 中学に入ってもその熱は冷めず、高校では名門の帝京高校に入りました。 しかし、野球が下手くそだった為、野球のセンスではなく何とか勉強して入りました。

入ってからもセンスがない分、とにかく周りの人間より「練習を多く、コツコツ」やりました。 センスはないけど、「やる気、コツコツ」は自分自身やり切ったと思います。甲子園こそ行けなかったですが、エースで4番にはなれました(帝京の長い歴史で一番弱い代の為、ラッキーでした(笑))

その後は、野球のセンスが無い事に痛感しキッパリ辞めました。

目標が何もない状態になったので、今度は「お金」を稼ぐ事に「コツコツ」やろうと決めました。

18歳で、アルバイトでらーめんと出会い、がむしゃらに働きました。

やっていくうちに、本気になり、31歳で、らーめんで起業しました。

一番最初に教えてもらったらーめんが「北海道らーめん」でしたので、愛着があります。

当時、教えてもらった店主からは、意味が分からない?事を言われました。「昔からある物は、現在もあって、未来も続く」と。「うーん、ハイ!」と返事はしたのですが、意味が分からない…。

でも、「コツコツ」「バカ真面目」な所が自分の良さなので、言われた通り、「北海道らーめん」で店舗を出していきました。

やっていくうちに、意味が分かってきました。「お客さんがいつの時代でも、求められているらーめんなんだ」と。

売上高の継続で証明されました。ビックリです。ですので、今現在もブレずに「コツコツ」取り組めています。 

話にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

ここからは、大変、生意気ではありますが、北海道らーめんの「強み」を皆さんにお伝えしたいと思います。

北海道らーめん みそ熊 ライセンス概要